【これだけ】穴釣りの道具や仕掛けのおすすめを徹底解説【使うべきロッドやリール、ラインのまとめ】

【これだけ】穴釣りの道具や仕掛けのおすすめを徹底解説【使うべきロッドやリール、ラインのまとめ】

この記事は穴釣の道具や仕掛けのおすすめを解説している記事です。

悩む人

穴釣りに興味があるんだけど、どんな道具や仕掛けがおすすめなのかな?ロッドやリールなどについて詳しく知りたいな!

という疑問に答えます。

初心者におすすめの海釣りの中で、穴釣りは手軽に出来て釣果が上がりやすい点が特徴です。

KAITO

僕自身、時間がない時や釣果を上げたい時に穴釣りをよくします。

そこでこの記事では、穴釣りの道具や仕掛けのおすすめとして、使うべきロッドやリールを詳しく解説していきます。

穴釣りに興味がある人は、是非参考にしてみてください。

目次

【基礎知識】穴釣りってどんな釣り方?【メリット&デメリット】

まず穴釣りの基礎知識から解説していきます。

KAITO

穴釣りとは、堤防のスキマやテトラの間の穴を狙う釣り方です。

釣れる魚は根魚と言われる『アイナメやカサゴ・メバルなど』が主なターゲットとなります。

基本的に手で竿を持ちながら釣る方法なので、ちょい投げ釣りに比べて攻める釣りということが出来ます。

KAITO

手軽出来る釣りですが、思った以上に大型の魚が釣れる場合があるのでおすすめの釣り方の1つです。

穴釣りのメリット【釣果が上がりやすい】

次に穴釣りのメリットを解説します。

KAITO

穴釣りは昼間の時間帯でも釣果を上げやすく、釣りをする時間帯が日中などに限定される方にもおすすめです。

基本的に日中は朝マズメや夕マズメなどの時間帯より、釣果が下がることが多いです。

そのためサビキ釣りをした後に穴釣りをするなど、釣り方を変えて見たい時などにも通用する釣り方です。

KAITO

日中しか釣りを出来ない方やファミリーなどにも向いている釣り方と言えます。

穴釣りのデメリット【テトラ帯の場合は特に足場に注意】

一方で穴釣りにはデメリットがあります。

KAITO

穴釣りで代表的なテトラ帯で釣りをする場合は、足場に注意する必要があります。

テトラ帯は元々足元が悪いですし、藻や海藻等で滑りやすくなっている場合もあります。

さらに風が強いとバランスを崩しやすくなるので、その日の状況に合わせて釣りをする必要があります。

KAITO

初心者や子供の場合はテトラの上に乗るのではなく、堤防とテトラの間を狙う方が比較的安心でしょう。

【これだけ】穴釣り道具のおすすめを徹底解説【使うべきロッドやリール、ラインのまとめ】

それでは順番に穴釣りにおすすめの道具を順番に解説します。

KAITO

穴釣りは特色のある釣り方なので、しっかり道具を選ぶのが大切です。

穴釣りにおすすめの釣り道具
  1. ロッド(短めが扱いやすい)
  2. リール(ベイトリールが使いやすい)
  3. ライン(フロロカーボンだと根ズレに強い)

順番に解説します。

ロッド(短めが扱いやすい)

まずロッドのおすすめから紹介します。

KAITO

穴釣りは防波堤やテトラの隙間に仕掛けを落とし込む釣り方なので、ロッドは短めの方が扱いやすいです。

穴釣り専用のロッドも販売されていますが、1m前後のロッドならどれでもOKです。

硬めの釣り竿の方が、魚が根に潜られる前に釣り上げることが出来るのでおすすめです。

KAITO

具体的には、下記のようなロッドがおすすめです。

穴釣りにおすすめのロッド【ダイワ穴釣り専科】

穴釣りで人気があるロッドでダイワ製の信頼感もメリットです。

またスピニングリールやベイトリールの両方が使える点も魅力といえます。

ダイワ 穴釣り専科の魅力
KAITO

価格も安く、汎用性が高いので1つ持っていると重宝するでしょう。

リール(ベイトリールが使いやすい)

次に穴釣りにおすすめのリールを紹介します。

KAITO

穴釣りの場合は海底まで仕掛けを落とす釣り方ですが、海底に着いたと思っても、さらに仕掛けが沈んでいく場合があります。

そのためリールはスピニングリールよりもベイトリールの方が片手で操作が出来るので、便利に使えます。

ベイトリールは投げる時にコツが必要ですが、防波堤や岸壁の隙間を狙う場合はむしろ使い勝手が良くなります。

KAITO

例えば下記のようなベイトリールがおすすめです。

穴釣りにおすすめのベイトリール シマノ バスワン
KAITO

シマノのベイトリールの中でエントリーモデルですが、使い勝手が良いです。

バスワンと書かれていますが、海での利用に対応していている点が魅力です。

1万円以下で買えるモデルなので、非常に重宝しますよ!

ライン(フロロカーボンだと根ズレに強い)

さらにリールに巻くラインのおすすめを紹介します。

KAITO

ラインはフロロカーボンラインが根ズレに強くおすすめです。

一番強いラインがフロロカーボンですが、ナイロンラインでも問題ありません。

一方でPEラインだと、少しテトラなどに擦れるだけでブチブチ切れて釣りにならないので注意が必要です。

KAITO

フロロカーボンのおすすめラインは、クレハ(KUREHA) のフロロマイスターですね。

クレハ フロロマイスター

ロストが多い穴釣りでも巻の量が多いので、一度買えば長く使えます。

KAITO

コスパの良いフロロカーボンラインを探しているならイチオシです。

【これだけ】穴釣り仕掛けのおすすめを徹底解説【ブラーorブラクリが良い】

次に穴釣り仕掛けのおすすめを紹介します。

KAITO

穴釣りでは仕掛けが長いとすぐに根がかりするので、ハリとオモリの距離が近い下記の2つがおすすめです。

穴釣りにおすすめの仕掛け
  1. ブラー⇒根がかりが多めだがよく釣れる
  2. ブラクリ⇒テトラ帯で根がかりが少なくなる

順番に解説します。

おすすめ仕掛け① 西田式ブラー

穴釣りにおすすめの仕掛け 西田式ブラー

まず最初に紹介するのが西田式ブラーです。

KAITO

平たいオモリにハリがついている市販の仕掛けで、様々な色が選べる点が特徴です。

単価が高い点がデメリットですが、使い勝手が良くヒラヒラと落ちていく感じで魚にアピール力が強いです。

構造としてはシンプルですが、非常に使い勝手が良いので重宝します。

おすすめ仕掛け② ブラクリ

おすすめ仕掛け② ブラクリ

次に紹介するのがブラクリです。

KAITO

ブラクリは丸オモリにハリがついている市販の仕掛けです。

特にテトラで穴釣りをするときは、ブラーよりも根がかりがしにくいメリットがあります。

価格もブラーよりも安価なので、特にこだわりが無い場合はブラクリを選ぶのがおすすめです。

まとめ

穴釣りの道具や仕掛けのおすすめついて解説しました。

KAITO

穴釣りは非常に手軽で、日中でも釣果が上がるので日中しか釣りが出来ない方やファミリーに向いている釣り方です。

しかもサビキ釣りに比べて、サイズの大きい魚が釣れるため楽しんで釣りをすることが出来るでしょう。

根がかりのリスクが大きい釣り方なので、仕掛けの数は多めに持っていく必要がありますが、コツを掴めば数を釣り上げることも可能です。

ぜひ穴釣りにチャレンジしてみてください!

目次
閉じる