MENU
KAITO
このブログの監修者
ロックフィッシュ狙いの釣りが中心のアングラーです。

WebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動中

【経歴】
⏩小学生の頃に釣りに出会う
⏩東京に出て釣り出来ず
⏩地元に戻って最近釣りを再開(今ここ)
⏩岸壁からのロックフィッシュを中心に釣行中。

ロッドやリールなどの釣り具や基礎知識を中心にブログ更新中です。

【シマノリールの新製品】21ナスキーと22サハラならどっちがいい?【機能の違いを徹底比較】

【シマノリールの新製品】21ナスキーと22サハラならどっちがいい?【機能の違いを徹底比較】

この記事は、シマノリールの新製品である21ナスキーと22サハラならどっちがいいのか?機能の違いを比較している記事です。

悩む人

シマノで新製品のリールが欲しいんだけど、21ナスキーと22サハラならどっちがいいのか?

と言う疑問に答えます。

シマノ製スピニングリールの中でサハラとナスキーはエントリーモデルとして非常に人気が高いですよね!

KAITO

僕自身興味があったので、21ナスキーと22サハラの両方を購入してみました。

そこでこの記事ではシマノリールの新製品である21ナスキーと22サハラの違いを詳しく比較していきます。

21ナスキーと22サハラのどっちがいいのか?迷っている人、必見です。

目次

【シマノリールの新製品】21ナスキーと22サハラならどっちがいい?【迷ったらナスキーがおすすめ】

【シマノリールの新製品】21ナスキーと22サハラならどっちがいい?【迷ったらナスキーがおすすめ】

まず結論から。

KAITO

迷ったら21ナスキーを選ぶのがおすすめです。

約3,000円ほどの価格差しかないですが、搭載している機能が増えたり、ベアリングの数も1つ増えます。

21ナスキーの特徴22サハラの特徴
1万円ほどで買えるコスパと性能のバランスが良いスピニングリール

HAGANEギアとサイレントドライブ搭載で強くなめらかな巻き心地を実現

コアプロテクト搭載で防水性能が高く、海水で利用しても安心
6,000円台で買えるコスパの良いエントリーモデル

基本性能が充実していて、使い勝手が良いスピニングリール

初搭載のねじ込み式ハンドルでガタツキが少ない

もちろん海水や淡水の違いや、使う釣り方によって大きく変わります。

KAITO

しかし全般的な話をすると、21ナスキーを買ったほうが満足感は高いでしょう。

関連記事

下記の記事ではシマノリールの新製品である2021ナスキーの評価インプレをまとめています。

関連記事【シマノリールの新製品】2021ナスキーの評価インプレまとめ【海釣りでも安心のスピニングリール】

【シマノリールの新製品】21ナスキーと22サハラの違いを徹底比較【デザインや防水性、機能】

【シマノリールの新製品】21ナスキーと22サハラの違いを徹底比較【デザインや防水性、機能】

それでは順番にシマノリールの新製品21ナスキーと22サハラの違いを比較していきます。

KAITO

デザインや防水性、機能などの違いは下記の通りです。

21ナスキーと22サハラの違いを比較
  1. デザイン⇒21ナスキーの方が高級感があり22サハラはマッドでおしゃれ
  2. 防水性⇒コアプロテクトを搭載した21ナスキーの方が優れている
  3. 機能⇒ハンドルの逆転機構は22サハラのみ搭載
  4. 価格⇒21ナスキーは1万円台で22サハラは6,000円台。差は3,000円ほど

順番に解説します。

関連記事

下記の記事では、シマノリールの新製品である2022サハラの評価とインプレを詳しくまとめています。

関連記事【シマノリールの新製品】2022サハラの評価とインプレまとめ【1万円以下で買えるエントリーモデル】

デザイン【21ナスキーの方が高級感があり22サハラはマッドでおしゃれ】

デザイン【21ナスキーの方が高級感があり22サハラはマッドでおしゃれ】

まず最初にデザインの違いから比較していきます。

KAITO

全体的なデザインや質感は、21ナスキーの方が高級感があり、22サハラはマッドでおしゃれな雰囲気です。

21ナスキーはシルバーベースの色合いで、見栄えがする高級感があります。

21ナスキーのデザイン【シルバーベースのおしゃれなデザインで重量は標準的】
KAITO

一方で、22サハラはつや消しの黒ベースの色合いで、マッドな印象で非常におしゃれです。

デザイン【黒を基調としたマッドなデザインがおしゃれ】

個人的には21ナスキーの色合いの方が好きですが、22サハラもロッドと合わせると見た目がかっこよく見えるでしょう。

防水性【コアプロテクトを搭載した21ナスキーの方が優れている】

防水性【コアプロテクトを搭載した21ナスキーの方が優れている】

次に防水性を比較していきます。

KAITO

防水性では、コアプロテクトを搭載した21ナスキーの方が優れています。

21ナスキーのドラグを外した画像

そもそもコアプロテクトとは、微細な隙間があっても水の浸入を抑制する機能のことで、リール内部のサビを防ぐことが出来ます。

その機能は21ナスキーは搭載していますが、22サハラは非搭載です。

KAITO

そのため21ナスキーの方が錆びにくく、22サハラは定期的なメンテナンスをする必要が出てきます。

もちろん淡水でしか使わずに、防水機能も特に必要がない釣り方をするなら、特に気にする必要は無いでしょう。

しかし、海水の場合や水がかかりやすい釣り方をする場合は、コアプロテクトが合ったほうが良いでしょう。

KAITO

心配なら21ナスキーを買ったほうがが不満は少ないと思います。

機能【ハンドルの逆転機構は22サハラのみ搭載】

機能【ハンドルの逆転機構は22サハラのみ搭載】

次に機能面で21ナスキーと22サハラを比較していきます。

KAITO

スペック的には大きな違いはありませんが、ハンドルの逆転機構は22サハラのみ搭載です。

22サハラのねじ込み式ハンドル
KAITO

22サハラはねじ込み式のハンドルになり、21ナスキーと同等でガタツキが少なくなりました。

一方で、ベールの部分は21ナスキー、22サハラともにツーピースベールです。

新型になった21ナスキーのラインスッパー
KAITO

個人的にはツーピースベールでもライントラブルは気になりませんが、心配な方も居るでしょう。

その場合は、もう一歩上のグレードのリールを選ぶ必要があるので、注意が必要です。

価格【21ナスキーは1万円台で22サハラは6,000円台。差は3,000円ほど】

最後に価格の部分を比較していきます。

KAITO

21ナスキーは1万円台で22サハラは6,000円台。差は3,000円ほどの違いです。

価格差が3,000円ほどなので、気にならない方は21ナスキーを買ったほうが満足度が高いかも知れません。

一方で、22サハラは6,000円台で買えるスピニングリールとしては、スペックが非常に高いです。

KAITO

予算と機能のどっちを重視するのか?によって決めると良いかな?と思います。

まとめ

【シマノリールの新製品】21ナスキーと22サハラならどっちがいい?【迷ったらナスキーがおすすめ】

シマノリールの新製品21ナスキーと22サハラのどっちがいいのか?を紹介しました。

KAITO

迷ったら21ナスキーを選ぶのがおすすめです。

約3,000円ほどの価格差しかないですが、搭載している機能が増えたり、ベアリングの数も1つ増えます。

21ナスキーの特徴22サハラの特徴
1万円ほどで買えるコスパと性能のバランスが良いスピニングリール

HAGANEギアとサイレントドライブ搭載で強くなめらかな巻き心地を実現

コアプロテクト搭載で防水性能が高く、海水で利用しても安心
6,000円台で買えるコスパの良いエントリーモデル

基本性能が充実していて、使い勝手が良いスピニングリール

初搭載のねじ込み式ハンドルでガタツキが少ない
KAITO

またデザインや防水機能などを比較すると下記のようになります。

21ナスキーと22サハラの違いを比較
  1. デザイン⇒21ナスキーの方が高級感があり22サハラはマッドでおしゃれ
  2. 防水性⇒コアプロテクトを搭載した21ナスキーの方が優れている
  3. 機能⇒ハンドルの逆転機構は22サハラのみ搭載
  4. 価格⇒21ナスキーは1万円台で22サハラは6,000円台。差は3,000円ほど
KAITO

実際に利用してみると、どちらも完成度が高く非常に使い勝手が良いスピニングリールだと思います。

コアプロテクトなどの機能や色合いが違い、価格差が約3,000円ほどあります。

そのため機能重視か?価格重視か?で選ぶと良いと思います。

是非参考にしてみてくださいね!

目次