MENU
KAITO
このブログの監修者
ロックフィッシュ狙いの釣りが中心のアングラーです。

WebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動中

【経歴】
⏩小学生の頃に釣りに出会う
⏩東京に出て釣り出来ず
⏩地元に戻って最近釣りを再開(今ここ)
⏩岸壁からのロックフィッシュを中心に釣行中。

ロッドやリールなどの釣り具や基礎知識を中心にブログ更新中です。

【シマノリールの新製品】2022サハラの評価とインプレまとめ【1万円以下で買えるエントリーモデル】

【シマノリールの新製品】2022サハラの評価とインプレまとめ【1万円以下で買えるエントリーモデル】

この記事は、シマノ製スピニングリールの新製品である2022サハラの評価とインプレをまとめた記事です。

悩む人

シマノの22サハラに興味があるんだけど、デザインや使い勝手とかどうなのかな?詳しいインプレが知りたいな!

と言う疑問に答えます。

2022年に発売された22サハラは、エントリーモデルながら様々な機能を搭載していて高性能な点が魅力ですよね!

KAITO

今回、5年ぶりの新しいスピニングリールはどうなのか?興味があったので22サハラのC3000HGを購入しました。

そこでこの記事ではシマノ製のスピニングリールである22サハラのデザインや機能を詳しくインプレしていきます。

22サハラに興味がある人は、是非参考にしてみてください。

目次

【シマノリールの新製品】2022サハラの評価まとめ【1万円以下で買えるエントリーモデル】

【シマノ】22サハラの評価【1万円以下で買えるマッドなデザインのスピニングリール】
22サハラ C3000HG

まず結論から。

KAITO

シマノの22サハラは、1万円以下で買えるエントリーモデルなのにマッドなデザインで高性能なスピニングリールです。

22サハラの特徴
  1. 1万円以下で買えるコスパの良いエントリーモデル
  2. 基本性能が充実していて、使い勝手が良いスピニングリール
  3. HAGANEギアとサイレントドライブ搭載で巻き心地が良い
  4. 初搭載のねじ込み式ハンドルでガタツキが少ない

このように5年ぶりにリニューアルされた22サハラは、1万円で買えるコスパの良さは変わらず、様々グレードアップされています。

KAITO

初めてスピニングリールを買う方や、使い勝手が良いスピニングリールを探している人には、非常におすすめできます。

つまり22サハラはお手頃価格で買えるスピニングリールとして、非常におすすめできます。

【シマノリールの新製品】2022サハラの評価とインプレまとめ【デザイン・機能・使い勝手・不満点】

【シマノ】22サハラのインプレ【デザイン・機能・使い勝手・不満点】
パッケージには22サハラ本体と説明書が付属する

それでは順番にシマノ製スピニングリールの22サハラを詳しくインプレしていきます。

KAITO

22サハラのデザインや性能で感じたことは下記の通りです。

22サハラのインプレ
  1. デザイン⇒黒を基調としたマッドなデザインがおしゃれ
  2. ドラグ周り⇒大口径のドラグノブ搭載で使い勝手が良い
  3. ハンドル周り⇒初搭載のねじ込み式ハンドルでガタツキが減る
  4. 巻き心地⇒サイレントドライブなどの機能でスムーズな巻き心地
  5. 不満点・デメリット⇒コアプロテクトなど防水機能は無し

順番に解説します。

デザイン【黒を基調としたマッドなデザインがおしゃれ】

デザイン【黒を基調としたマッドなデザインがおしゃれ】

まず最初にデザインからインプレしていきます。

KAITO

黒を基調としたマッドなデザインがおしゃれな印象です。

全体的な色味は、ブラックとゴールドの組み合わせで17サハラから大きな変更はありません。

ブラックの部分はつや消しの色合いなので、ギラギラせずに落ち着いた印象があります。

KAITO

また21ナスキーなどには搭載されていない、リバーススイッチ(逆回転スイッチ)が搭載されているのも特徴的です。

22サハラのリバーススイッチ

全体的に落ち着いた印象なので、どんなロッドでも使いやすいデザインが好印象だと思います。

ドラグ周り【大口径のドラグノブ搭載で使い勝手が良い】

ドラグ周り【大口径のドラグノブ搭載で使い勝手が良い】

次にドラグ周りをインプレしていきます。

KAITO

17サハラと同様に大口径のドラグノブ搭載で使い勝手が良いです。

ドラグの音もキレイで回転もスムーズ、6,000円台で購入できるとは思えない心地よさが印象的です。

ラインストッパーもサイズが大きく、使い勝手が良いです。

22サハラのラインスッパー

このように22サハラはコスパの良いエントリーモデルとは思えないほど、ドラグ周りも充実しています。

ハンドル周り【初搭載のねじ込み式ハンドルでガタツキが減る】

22サハラのハンドル周り【初搭載のねじ込み式ハンドルでガタツキが減る】

次にハンドル周りについてインプレしていきます。

KAITO

ねじ込み式ハンドルを初搭載していてガタツキが減る印象です。

17サハラに搭載されていた、供回り式ハンドルよりもスムーズに回転している印象です。

供回り式ハンドルと同じでハンドルを差し込む方向を変えることで、右ハンドルにも左ハンドルにすることも可能です。

22サハラのねじ込み式ハンドル
KAITO

ハンドル周りの機能も強化されていて、非常に使い勝手が良くなった印象です。

巻き心地【サイレントドライブなどの機能でスムーズな巻き心地】

次に巻き心地についてインプレしていきます。

KAITO

22サハラは、サイレントドライブなどの機能でスムーズな巻き心地の印象です。

低価格のスピニングリールだと、スムーズに回転せずに巻き心地が悪い場合があります。

しかし22サハラはねじ込み式ハンドルに変わり、巻き心地が本当にスムーズです。

KAITO

上位モデルのスピニングリールに搭載されているのもと同等の機能が搭載されている点も魅力です。

このようにシマノ製のスピニングリールとして、上位モデルのように巻き心地が良いのが特徴です。

不満点・デメリット【コアプロテクトなど防水機能は無し】

最後に不満点やデメリットをインプレしていきます。

KAITO

22サハラは海水に対応したスピニングリールですが、コアプロテクトなどの防水機能はありません。

例えばワンランク上の21ナスキーなどが搭載してるコアプロテクトは、海水が内部に入らないように設計された機能です。

そのような機能が無いので、内部が錆びやすい可能性があります。

KAITO

そのため水がかかりやすい状態で利用すると、消耗が早い場合がある点には注意が必要です。

関連記事

下記の記事では、21ナスキーのデザインや巻き心地などの評価やインプレをまとめています。

関連記事【シマノリールの新製品】2021ナスキーの評価インプレまとめ【海釣りでも安心のスピニングリール】

まとめ

【シマノ】22サハラのインプレ【デザイン・機能・使い勝手・不満点】
メリットデメリット

1万円で買えるコスパの良さが魅力
ねじ込み式ハンドルに変わり使いやすい
初心者でも使いやすいスピニングリール
海水対応だがコアプロテクト非対応
上位モデルと比較すると、素材がチープ
2ピースベールで気になる人は気になる

シマノ製スピニングリールの新製品である2022サハラの評価とインプレをまとめました。

KAITO

シマノの22サハラは、1万円以下で買えるエントリーモデルなのにマッドなデザインで高性能なスピニングリールです。

22サハラの特徴
  1. 1万円以下で買えるコスパの良いエントリーモデル
  2. 基本性能が充実していて、使い勝手が良いスピニングリール
  3. HAGANEギアとサイレントドライブ搭載で巻き心地が良い
  4. 初搭載のねじ込み式ハンドルでガタツキが少ない

このように5年ぶりにリニューアルされた22サハラは、1万円で買えるコスパの良さは変わらず、様々グレードアップされています。

KAITO

実際にC3000HGを購入してみると、下記のような印象を持ちました。

22サハラのインプレ
  1. デザイン⇒黒を基調としたマッドなデザインがおしゃれ
  2. ドラグ周り⇒大口径のドラグノブ搭載で使い勝手が良い
  3. ハンドル周り⇒初搭載のねじ込み式ハンドルでガタツキが減る
  4. 巻き心地⇒サイレントドライブなどの機能でスムーズな巻き心地
  5. 不満点・デメリット⇒コアプロテクトなど防水機能は無し

エントリーモデルのスピニングリールですが、価格以上に性能がよく感じます。

KAITO

もちろん上位モデルのスピニングリールと比較すると、価格相当な性能ではあります。

しかし不満も少なく使いやすいスピニングリールとしては、非常に良い仕上がりなのではないでしょうか?

是非参考にしてみてくださいね!

目次