MENU
KAITO
このブログの監修者
ロックフィッシュ狙いの釣りが中心のアングラーです。

WebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動中

【経歴】
⏩小学生の頃に釣りに出会う
⏩東京に出て釣り出来ず
⏩地元に戻って最近釣りを再開(今ここ)
⏩岸壁からのロックフィッシュを中心に釣行中。

ロッドやリールなどの釣り具や基礎知識を中心にブログ更新中です。

【シマノリールの新製品】2021ナスキーの評価インプレまとめ【海釣りでも安心のスピニングリール】

【シマノリールの新製品】2021ナスキーの評価インプレまとめ【海釣りでも安心のスピニングリール】

この記事はシマノ製スピニングリールの新製品である、2021ナスキーの評価とインプレをまとめた記事です。

悩む人

ネットとかYou Tubeで21ナスキーが話題になっているんだけど、実際どうなの?詳しいインプレが知りたいな!

と言う疑問に答えます。

2021年に新たに発売されたシマノリールの新製品であるナスキーは、エントリーモデルながら最新技術を搭載したコスパの良いリールですよね!

KAITO

今回、様々な釣り方に利用できて、使い勝手が良いと感じている21ナスキーのC3000HGを購入しました。

そこでこの記事では、21ナスキーのデザインや機能、使い勝手などを詳しく評価インプレとしてまとめていきます。

21ナスキーに興味がある人は、是非参考にしてみてください。

目次

【シマノリールの新製品】2021ナスキーの評価まとめ【海釣りでも安心のスピニングリール】

【シマノ】21ナスキーの評価【海釣りでも安心のコスパ最強スピニングリール】
今回購入した21ナスキーのC3000HG

まず結論から。

KAITO

21ナスキーは海釣りでも安心して使えるコスパ最強のスピニングリールだと感じます。

21ナスキーの特徴
  1. 1万円ほどで買えるコスパと性能のバランスが良いスピニングリール
  2. HAGANEギアとサイレントドライブ搭載で強くなめらかな巻き心地を実現
  3. コアプロテクト搭載で防水性能が高く、海水で利用しても安心
  4. ねじ込み式ハンドルでガタツキが少ない

このように21ナスキーは1万円前後で購入できるスピニングリールとしては、非常にコスパが良い仕上がりです。

もちろん、上級者の方には満足できない部分も多いかと思います。

KAITO

しかし、初心者の方や釣り道具セットなどからグレードアップするには、良いリールかな?と思います。

巻き心地も良いですし、1つ持っていると使い勝手が良いスピニングリールと言えます。

【シマノリールの新製品】2021ナスキーのインプレまとめ【デザイン・機能・使い勝手・不満点】

【シマノ】21ナスキーのインプレ【デザイン・機能・使い勝手・不満点】
パッケージには21ナスキー本体と説明書、調整ワッシャーが付属する

それでは順番にシマノ製のスピニングリール21ナスキーのインプレをまとめていきます。

KAITO

デザインや機能、使い勝手と不満点をまとめていきます。

21ナスキーのインプレ
  1. デザイン⇒シルバーベースのおしゃれなデザインで重量は標準的
  2. ドラグ周り⇒十分に実用的な性能で文句なく、ラインスッパーも新型に
  3. ハンドル周り⇒ねじ込み式ハンドルでガタツキが少ない
  4. 巻き心地⇒こだわりのギアで巻き心地はかなり良い
  5. 不満点・デメリット⇒ラインローラー周りに改善の余地あり

順番にインプレします。

デザイン【シルバーベースのおしゃれなデザインで重量は標準的】

21ナスキーのデザイン【シルバーベースのおしゃれなデザインで重量は標準的】
21ナスキーはシルバーベースで落ち着いた雰囲気に

まず最初にデザインからインプレしていきます。

KAITO

21ナスキーはシルバーベースのおしゃれなデザインで、重量は標準的な印象です。

先代の16ナスキーは黒ベースでゴールドの主張が目立つデザインだったので、落ち着いた印象でむしろ高級感があります。

21ナスキーの上部

また21ナスキーのC3000HGは自重が240gなので、標準的な重さと言えます。

KAITO

と言っても先代の16ナスキーと比較すると、全体的に軽くなっています。

KAITO

スピニングリールに軽さを求める人には物足りないと思いますが、堤防釣りなどで利用するなら特に不満を持つレベルでは無いでしょう。

ドラグ周り【十分に実用的な性能で文句なく、ラインスッパーも新型に】

グ周り【十分に実用的な性能で文句なし】

次にドラグ周りをインプレしていきます。

KAITO

21ナスキーのドラグ周りは十分に実用的な性能で文句ないです。

21ナスキーのドラグを外した画像

ドラグノブは、サイズが大きくて扱いやすく、聞こえてくる音も良い感じの印象を受けました。

もちろん中・上位機種と比較すると、少し硬さがある印象もあります。

KAITO

しかし、そこまで気にするほどではないかな?と思います。

またラインスッパーも新型になりました。

新型になった21ナスキーのラインスッパー
KAITO

正直、シマノのラインスッパーは使いにくいモデルも多かったです。

しかし21ナスキーのラインスッパーは、スムーズにラインを挟むことが出来るようになり便利になりました。

21ナスキーは、ドラグ周りも不満点は少ないでしょう。

ハンドル周り【ねじ込み式ハンドルでガタツキが少ない】

ハンドル周り【ねじ込み式ハンドルでガタツキが少ない】

次にハンドル周りをインプレしていきます。

KAITO

21ナスキーは、ねじ込み式ハンドルでガタツキが少ない点がメリットです。

安価なスピニングリールだと、ハンドルの反対側のキャップを回して固定するモデルが多いです。

そのようなモデルだと、ハンドルのガタツキがあるので少し使いにくいんですよね。

KAITO

その点で21ナスキーはねじ込み式なのでガタツキが少ないです。

ハンドルを差し込む方向を変えるだけで、ハンドルの向きを左右に変えられる点は変わりません。

そのため左向きでも右向きでも使える点は安心点と言えるでしょう。

巻き心地【こだわりのギアで巻き心地はかなり良い】

次に巻き心地についてインプレしていきます。

KAITO

21ナスキーは、こだわりのギアで巻き心地はかなり良いです。

HAGANEギアやサイレントドライブなど、ギア周りの性能が高く、巻き心地に安っぽさや雑な感じはありません。

もちろん、上位モデルと比較すればガタツキや巻き心地の部分では劣る感じはあります。

KAITO

しかし1万円程度で変えて、実用的には気にならないレベルなので、トータルでの満足度は高いです。

僕のように堤防でのライトゲームなどが中心で、週末に釣行に行くアングラーには良いスピニングリールだと思います。

不満点・デメリット【ラインローラー周りに改善の余地あり】

不満点・デメリット【ラインローラー周りに改善の余地あり】

最後に不満点やデメリットをインプレしていきます。

KAITO

21ナスキーは、ラインローラー周りに改善の余地ある印象を受けました。

まずラインローラーにベアリングが入っていないので、動きはあまり良くありません。

そのため負担がかかる釣り方をする場合、消耗が早くなる可能性があるので、ベアリング交換の検討が必要かもしれません。

KAITO

またワンピースベール非搭載なので、その部分が気になる人が居るかも知れません。

個人的には21ナスキーを利用していて、ツーピースベールが減員のトラブルには遭遇していません。

しかしこだわりがある方は、より上位モデルのスピニングリールを選ぶ必要があるでしょう。

まとめ

【シマノ】21ナスキーのインプレ【デザイン・機能・使い勝手・不満点】
メリットデメリット
1万円程度で変えるコスパの良さが魅力
デザインはシルバーベースでおしゃれ
何にでも使える汎用性が高いスピニングリール
ラインローラー周りには改善の余地あり
上位モデルと比較すると劣る部分はある

シマノ製スピニングリールの新製品、2021ナスキーの評価とインプレをまとめました。

KAITO

21ナスキーは、下記のような特徴のあるスピニングリールです。

21ナスキーの特徴
  1. HAGANEギアとサイレントドライブ搭載で強くなめらかな巻き心地を実現
  2. コアプロテクト搭載で防水性能が高く、海水で利用しても安心
  3. ねじ込み式ハンドルでガタツキが少ない
KAITO

実際にインプレをしてみると、下記のような印象を持ちました。

21ナスキーのインプレ
  1. デザイン⇒シルバーベースのおしゃれなデザインで重量は標準的
  2. ドラグ周り⇒十分に実用的な性能で文句なく、ラインスッパーも新型に
  3. ハンドル周り⇒ねじ込み式ハンドルでガタツキが少ない
  4. 巻き心地⇒こだわりのギアで巻き心地はかなり良い
  5. 不満点・デメリット⇒ラインローラー周りに改善の余地あり
KAITO

今回、何にでも使えるスピニングリールが欲しいな!と思って購入しましたが非常に満足度が高いです。

1万円程度で買えて、海で利用する場合でも防水機能のコアプロテクトを搭載しています。

初めてスピニングリールを購入する人でも、安いリールからグレードアップするにも非常におすすめだと思います。

是非参考にしてみてくださいね!

目次