MENU
KAITO
このブログの監修者
ロックフィッシュ狙いの釣りが中心のアングラーです。

WebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動中

【経歴】
⏩小学生の頃に釣りに出会う
⏩東京に出て釣り出来ず
⏩地元に戻って最近釣りを再開(今ここ)
⏩岸壁からのロックフィッシュを中心に釣行中。

ロッドやリールなどの釣り具や基礎知識を中心にブログ更新中です。

【2022年版】万能なロックフィッシュロッドのおすすめは?【流用する時の注意点もまとめて解説】

【2022年版】万能なロックフィッシュロッドのおすすめは?【流用する時の注意点もまとめて解説】

この記事は、2022年版の万能なロックフィッシュロッドのおすすめを紹介している記事です。

悩む人

ロックフィッシュロッドが欲しいんだけど、万能で汎用性が高く、使い勝手が良いモデルって無いのかな?

と言う疑問に答えます。

釣り道具を揃えていくと結構お金が必要になるので、万能で汎用性が高いロッドって無いかな?って考えますよね!

KAITO

僕自身、ロックフィッシュ専用ロッドの中で、出来るだけ万能なロッドを揃えています。

そこでこの記事では、ロックフィッシュ専用ロッドの中で、万能で汎用性が高いモデルのおすすめを紹介していきます。

万能なロックフィッシュロッドに興味がある人は、是非参考にしてみて下さい。

目次

【2022年版】万能なロックフィッシュロッドのおすすめは?【4モデルを徹底解説】

それでは順番に汎用性が高く万能なロックフィッシュロッドのおすすめを紹介していきます。

KAITO

2021年に買うべき万能なロックフィッシュは下記の4つです。

おすすめの万能なロックフィッシュロッド
  1. メジャークラフトクロスステージ CRX-762ML/S
  2. アブガルシアソルティースタイル STRS-702M-KR
  3. ダイワHRF 810MHS
  4. シマノハードロッカー S83MH

順番に解説します。

メジャークラフト 【クロスステージ CRX-762ML/S】

メジャークラフト 【クロスステージ CRX-762ML/S】

まず最初に紹介するのがメジャークラフトのクロスステージCRX-762ML/Sです。

KAITO

1万円以下で購入できるコスパの良いスピニングリール用ロッドです。

CRX-762ML/Sの画像

7.6フィートと取り回ししやすい長さが特徴で、初心者の方でも使いやすいでしょう。

またルアーが3gから20gまで扱えるので、非常に範囲が広くライトリグから飛距離を稼ぎたい場合でも使いやすい点が特徴です。

KAITO

柔軟なティップとバットパワーもしっかりしているので、まさにコスパの良い万能なロックフィッシュロッドと言えます。

アブガルシア【ソルティースタイル STRS-702M-KR】

アブガルシア【ソルティースタイル STRS-702M-KR】

次に紹介するのはアブガルシアのソルティースタイルSTRS-702M-KRです。

KAITO

先程のクロスステージより少し価格が上の品質が良いモデルです。

STRS-702M-KRのバット部分

7フィートのサイズで、岸壁の際やテトラなどで釣りをする場合に役立つ長さのロッドです。

ルアー重量は5-16gまで利用できるので、特に不満を持つことはないでしょう。

KAITO

バットパワーもしっかりしているので、テトラなど近距離の釣りが多い人におすすめの万能ロッドです。

ダイワ 【HRF 810MHS】

ダイワ 【HRF 810MHS】

次に紹介するのがダイワのHRF 810MHSです。

KAITO

HRF 810MHSは、価格帯が上がって2万円前後のスピニングロッドです。

ダイワ  HRF 810MHSの性能

2.69mと長めのロッドなので、ロングスピン釣法などにも流用できる点が魅力です。

1オンスのテキサスリグでも快適に使えるように設計されているので、遠投したい方におすすめのモデルです。

KAITO

万能ロッドだけど、遠投できるモデルが欲しい方におすすめです。

シマノ ハードロッカー【S83MH】

シマノ ハードロッカー【S83MH】

次に紹介するのがシマノのハードロッカー S83MHです。

KAITO

ダイワのHRFと同程度の価格帯で、よりもライトな遠投モデルです。

シマノ ハードロッカー S83MHの性能

長さも2.51mと、長めですが使い勝手が良いサイズと言えます。

また8gから32gまでのウェイトに対応可能なので、比較的重たいシンカーなどを使う釣り方が多い方におすすめです。

KAITO

がっつりロングスピン釣法!という訳ではないので、ライトな遠投ができる万能なロッドと言えます。

【2022年版】万能なロックフィッシュロッドを流用する時の注意点

次にロックフィッシュロッド流用する時の注意点に関して紹介して行きます。

KAITO

釣り方によって万能なロックフィッシュロッドでも大きく変わるので注意が必要です。

万能なロックフィッシュロッドの注意点
  1. フラットフィッシュ狙いの釣りには相性が良い
  2. ジギングにはロッドの長さとジグの重さを見極めよう
  3. 投げ釣りには硬すぎて使いづらいかも

順番に解説します。

その① フラットフィッシュ狙いの釣りには相性が良い

まずフラットフィッシュ(メゴチとかヒラメとか)狙いの釣りとは相性が良いです。

KAITO

似たようなワームを利用することも多いですし、根魚に似ている魚でもあります。

利用するタックルが似ているので、ロックフィッシュロッドを流用して釣りをしても十分に対応可能だと思います。

しかもフラットフィッシュ狙いの釣りは、ロックフィッシュがオフシーズンの夏場などがシーズンなのも魅力です。

根魚が釣れないタイミングでも釣りができるので、年中釣りが出来る点が魅力と言えます。

KAITO

僕自身も、夏場にフラットフィッシュ狙いの釣りをロックフィッシュロッドで楽しんでいます。

その② ジギングにはロッドの長さとジグの重さを見極めよう

次にジギングにロックフィッシュロッドを流用するのは、対応可能とは言えます。

KAITO

ただし、ロッドの長さやジグの重さなど制限が多いなと感じます。

例えばロングスピンなどの遠くに飛ばすタイプのロッドなら、使えないことは無いです。

ただしジギングはジグを遠くに飛ばす必要があるので、ロッドは軽い方が扱いやすいです。

ジギングも奥が深いので、本格的に取り組むには専用のロッドを用意すべきでしょう。

KAITO

しかしナブラが見えた時とか、ちょっとジグを付けて見るなどであれば問題ないかと思います。

その③ 投げ釣りには硬すぎて使いづらいかも

最後に投釣りにロックフィッシュロッドを流用するのはおすすめできません。

KAITO

ロッドが硬すぎますし、投げ釣りでは使いづらいんですよね。

同じロックフィッシュを狙う釣り方ではありますが、釣り方が全く異なります。

そのため、投げ釣りにはロックフィッシュロッドを使わない方が良いと感じます。

もちろん釣りができない訳では無いですが、使いづらさを強く感じるでしょう。

KAITO

投げ釣りに関しては、専用のロッドの方が飛距離も出ますしおすすめです。

まとめ

2022年版の万能なロックフィッシュロッドのおすすめを紹介しました。

KAITO

2022年のおすすめは下記の通りです。

おすすめの万能なロックフィッシュロッド
  1. メジャークラフトクロスステージ CRX-762ML/S
  2. アブガルシアソルティースタイル STRS-702M-KR
  3. ダイワHRF 810MHS
  4. シマノハードロッカー S83MH
KAITO

ロックフィッシュロッドは、割と使い勝手が良いので、様々な釣りに対応可能です。

しかし釣り方によって相性があるので、注意しましょう。

ロックフィッシュロッドの注意点
  1. フラットフィッシュ狙いの釣りには相性が良い
  2. ジギングにはロッドの長さとジグの重さを見極めよう
  3. 投げ釣りには硬すぎて使いづらいかも

一番違和感が無いのはフラットフィッシュ狙いの釣りで、ロックフィッシュがオフシーズンになる夏場に使えるので便利です。

ジギングに関しては、ちょっと制限も多く可能なら専用ロッドを購入したほうが良いでしょう。

KAITO

投げ釣りに関しては、使い勝手が良くないのでおすすめできません。

ロックフィッシュロッドは、数万円以上の高額なロッドもありますが、数千円程度のロッドでも十分使えます。

様々な釣りに使うなら、安いのロッドの方が安心して使えるかもしれません。

是非参考にしてみてくださいね!

目次