海釣り初心者におすすめのちょい投げ釣りとは?【道具や仕掛けを解説】

海釣り初心者におすすめのちょい投げ釣りを解説している記事です。

ちょい投げ釣りに興味がある人

ちょい投げ釣りが初心者におすすめって聞いたけど、どんな釣り方なの?必要な釣り道具や釣果を上げるコツがあるなら知りたいな!

と言う疑問に答えます。

ちょい投げ釣りは、手軽に始められてサイズが大きな魚が釣れる点が特徴です。

KAITO

僕自身、釣りを始めたときからちょい投げ釣りを楽しんでいます。

そこでこの記事では、ちょい投げ釣りに必要な釣り道具・セットやどこで釣りが出来るのか?釣果を上げるコツなどを詳しく解説しています。

目次

海釣り初心者におすすめのちょい投げ釣りとは?

ちょい投げ釣りとは、仕掛けを遠くに投げて海底に居る魚を狙う釣り方です。

釣れる魚はカレイ・カサゴ・アイナメなど、様々な種類の魚を釣ることが可能です。

しかもサビキ釣りに比べて釣れる魚のサイズが大きいのが何よりの魅力です。

ちょい投げ釣りは放置していてもOKなので、サビキ釣りとセットで楽しむのがおすすめです。

『サビキ釣り』についてはコチラ⇒

ちょい投げ釣りにおすすめの釣り道具・セット

ちょい投げ釣りにすすめの釣り道具は下記の通りです。

おすすめの釣り道具
  • ロッド(2m前後の投げ竿)
  • リール(3,000番台前後)
  • 仕掛け(天秤or普通のオモリ)
  • エサ(イソメ)
  • 釣り道具セット

ロッド(2m前後の投げ竿)

ちょい投げ釣りの場合は2m前後の投げ竿がおすすめです。

サビキ釣り用でおすすめの磯竿に比べて固いので、遠くまで仕掛けを飛ばすことが出来ます。

ダイワやシマノ製ならエントリーモデルでも十分に使えておすすめです。

リール(3,000番台前後のスピニングリール)

ちょい投げ釣りのリールは3,000番台前後のスピニングリールがおすすめです。

サビキ釣りと同じ2,000番台前後でも良いですが、大きめのリールが遠くまで飛ばせます。

もちろん投げ釣り専用のスピニングリールもありますが、初心者にはオーバースペックかも知れません。

仕掛け(天秤or胴付き仕掛け)

ちょい投げ釣りの仕掛けは天秤を使う仕掛けと、胴付き仕掛けの2種類があります。

天秤を利用する仕掛けの方が遠くに飛ばせますが、コスパが良いのは胴付き仕掛けです。

注意点として、この2つの仕掛けは互換性が無いのでどちらかに決めて選ぶのが良いでしょう。

仕掛けもオモリもセットになっている仕掛けもあるので、そちらを買うのが初心者におすすめです。

エサ(イソメ)

ちょい投げのエサはイソメという虫エサを使います。

釣具店に行くと500円分とか1,000円分とかパックになって売っています。

しかし、初心者の方や女性はちょっと苦手かも知れないので、その場合はパワーイソメやサンドワームなどのイソメに似せたワームを使うのも手です。

釣り道具セット

どのロッドやリールを選んだらよいかわからない!という方は釣り道具セットを購入するのがおすすめです。

使い勝手が良いロッドとリールが安く購入することが出来ます。

『釣り道具セット』の解説はコチラ⇒

ちょい投げ釣りに役立つ便利道具

あると便利な釣り道具は下記の通りです。

便利な釣り道具
  • 三脚
  • 水くみバケツ
  • タオル

三脚

ちょい投げ釣りは遠くに仕掛けを投げて、アタリがあるまで待つ釣り方です。

そのためアタリを待っている間に、ロッドを置いておく三脚があると便利です。

防波堤の地面に直接ロッドを置くことも可能ですが、三脚に置いたほうがアタリが分かりやすくなります。

小型の三脚でも良いので、1つあると便利です。

水くみバケツ

ちょい投げ釣りの時には水くみバケツを準備すると便利です。

イソメなどのエサをハリに付ける時に、手が汚れるので洗いたくなります。

また三脚が動かないように重しにも出来るので、ぜひ用意するのがおすすめです。

タオル

ちょい投げ釣りにはタオルは必須です。

手が汚れた時に、水で洗い流した後とかに絶対使いたくなります。

三脚があるなら、端の方にタオルを結んでおくと、使い勝手が良くなります。

ちょい投げ釣りは基本的に待ちの釣りなので、アタリに気が付かない場合があります。

そんな時のために、アタリがあると音で気がつくことが出来る、釣り専用の鈴を用意するのがおすすめです。

釣具店や通販では鈴が数個入って数百円程度と安いので、一緒に購入するのがおすすめです。

海水などで濡れると錆びやすいので、複数用意するのが良いでしょう。

釣り道具の詳しい解説はコチラ⇒

ちょい投げ釣りの釣果を上げるコツ

海釣り初心者の方は、どこに投げたら魚がいるのか?分からないことが多いと思うので、投げた後の感覚を重視するのが釣果を上げるコツです。

ゆっくり竿を立てたりリールを巻くと、抵抗を感じる時があり、そこがブレイク(駆け上がりとか起伏の近く)なので、魚がいる場合が多いです。

どこに投げるか?よりも投げた後の感覚を重視すると、釣果が上がりやすくなります。

まとめ

海釣り初心者におすすめのちょい投げ釣りを解説しました。

投げ釣りは基本的に待ちの釣りなので、これだけだとひまだと感じる時が多いので、サビキ釣りや穴釣りfとセットで楽しむのがおすすめです。

手軽に楽しめるのに大型の魚が釣れる場合もあるので、油断禁物で楽しめる釣り方と言えます。

数釣りも楽しいけど、大きな魚を釣りたいと考えている人におすすめです。

ぜひ、投げ釣りを楽しんでみてくださいね!

『穴釣り』の解説はコチラ⇒

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる