【サビキ釣り】必要なものや釣り方は?【釣れる時間帯や場所も】

【サビキ釣り】必要なものや釣り方は?【釣れる時間帯や場所も】

この記事は初心者向けにサビキ釣りの基礎知識として、必要なものや釣り方を解説している記事です。

悩む人

サビキ釣りを始めたいんだけど、必要なもの道具や釣り方とかが詳しく知りたいな!

という疑問に答えます。

海釣りでは、サビキ釣りが初心者にも取り組みやすいってよく聞きますよね!

KAITO

しかし、具体的にはどう準備すればいいの?よくわからないことも多いハズです。

そこでこの記事では、サビキ釣りに必要な釣り道具やどこで釣りが出来るのか?釣果を上げるコツなどを詳しく解説しています。

サビキ釣りに興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

目次

サビキ釣りに必要な釣りものとは?【おすすめのロッドやリール、釣り道具セット】

まず最初にサビキ釣りに必要な釣り道具を解説していきます。

KAITO

サビキ釣りに必要な釣り道具は下記の通りです。

サビキ釣りに必要なロッドやリール
  1. ロッド⇒3m前後の長さが使いやすい
  2. リール⇒3,000番台のスピニングリールがおすすめ
  3. セット⇒必要な道具がまとまっていて便利です

順番に解説します。

その① ロッド【3m前後の長さの竿がおすすめ】

サビキ釣りには、長さが3m程度のロッドがおすすめです。

KAITO

具体的には、シマノのフリーゲームがおすすめです。

シマノのフリーゲームは、様々な釣り方に対応できる万能竿で、1本持っていると重宝するロッドです。

1万円以下の価格で買えるのに品質が高く、非常に人気があります。

KAITO

合計で9種類の中から選べるので、自分の使い方に併せて選べるのもポイントです

サビキ釣りのロッドは3m前後の長さの竿がおすすめ
KAITO

サビキ釣りだけでなく様々な釣り方に対応しているので、重宝しますよ!

関連記事【サビキ】おすすめの最強ロッドは?【コンパクトな長さも解説】

その② リール【3,000番台前後のスピニングリールがおすすめ】

次にリールは、スピニングリールの3,000番台前後がおすすめです。

KAITO

具体的にはシマノ製のセドナ 3000HGがおすすめです。

スピニングリールとして標準的なサイズで、3,000番台なら巻ける糸の量も多いです。

ライン交換の回数が少なくて済みますし、汎用性の高いサイズなので、使い勝手が良いです。

KAITO

またリールの中には購入した時点で釣り糸が巻いてあるものがあります。

3号程度の太さのラインが100mから150m程度巻いてあるリールを購入すると、使い勝手が良いでしょう。

関連記事【サビキ釣り】おすすめのリールはどれ?【番手の選び方も解説】

その④ 釣り道具セット【必要な道具がまとまっていて便利です】

上記で紹介したロッドとリールと、他の釣り道具がセットになった商品があります。

KAITO

ロッドやリールの品質はそれなりですが、これだけで釣りができるので便利です。

例えばAmazonなどでは、ロッドやリールのセットが多数販売されています。

正直、知らないメーカーの商品が多く、品質面では心配ですが安価で購入できる点が魅力です。

KAITO

この中で選ぶなら、サビキ釣りの仕掛けもセットになった、こちらがおすすめです。

サビキ釣りの釣り方とは?【釣れる時間帯や場所も】

次にサビキ釣りの釣り方を解説してきます。

KAITO

下記の④つのステップだけ釣れます。

STEP
エサ(オキアミ)をコマセ袋orカゴに詰めて海に投入する
STEP
コマセ袋orカゴからエサを出すように竿を上下させる
STEP
アタリがなければ、竿を上下させてエサを出す
STEP
アタリがあれば、竿を立ててリールを巻き始める
KAITO

サビキ釣りの場合は魚の姿が見えることも多いので、海面近くでも釣れます。

もちろん海底近くに魚がいる場合も多いので、様子を見ながら魚がいる深さを探すようにしましょう。

サビキ釣りの釣り場・ポイント

サビキ釣りは漁港や釣り公園などの防波堤や岸壁から行う釣りです。

KAITO

大規模な漁港や釣り公園だと、車で岸壁の近くまで行けるので持ち運びも簡単です。

また多くの人が釣りをしているので、安心感があります。

危険が多い磯や船に乗らなくても良いので、手軽な釣り方です。

サビキ釣りの時期やシーズン

サビキ釣りは夏休みなど、夏場の時期がシーズンです。

KAITO

暖かい時期なので、釣りがしやすい点が魅力です。

夏休みシーズンなら子供を釣れて海で釣りをすることも可能ですし、魚の数が多い時期なので、沢山の魚を釣り上げることが出来ます。

もちろん冬など寒い時期でもサビキ釣りを行うことが可能です。

KAITO

しかし寒くて釣りをするのが大変とか、道路状況が悪いなどのデメリットもあります。

海釣り初心者にとって、サビキ釣りは暖かい時期に釣りがしやすいという点でおすすめです。

【サビキ釣り】釣れない時の対処法【勝負は魚の寄せ】

次にサビキ釣りで釣れない時の対処法を解説します。

KAITO

サビキ釣りで釣れる魚は基本的に回遊している魚種なので、寄せることが大切です。

そのためサビキ釣りをしている人が周りに多いほど、魚が近くに寄りやすくなり、その結果釣果が上がりやすくなります。

サビキ釣りの人を見分けるコツは、赤い色のサビキ釣り専用バケツを持っているか、5本程度のハリが付いている仕掛けを利用しているのですぐに分かります。

そのような場所でサビキ釣りをするのが釣果を上げるコツです。

まとめ

サビキ釣りに必要なものや釣り方などの基礎知識をまとめました。

KAITO

サビキ釣りは、ファミリーでも楽しめる点が魅力の釣り方です。

必要な釣り道具も多くなく、汎用性の高い釣り道具を使える点が魅力です。

サビキ釣りに必要なロッドやリール
  1. ロッド⇒3m前後の長さが使いやすい
  2. リール⇒3,000番台のスピニングリールがおすすめ
  3. セット⇒必要な道具がまとまっていて便利です

これらの釣り道具を揃えるだけで、サビキ釣りを楽しむことが可能です。

KAITO

小さい子供でも難なく魚を釣り上げることが出来るサビキ釣りを楽しんでみませんか?

釣りがしやすい防波堤や岸壁から出来る点も魅力があります。

ぜひ、サビキ釣りを楽しんでみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる