ルアー釣りの種類やおすすめの釣り道具とは?【海釣り初心者向け】

ルアー釣りの種類やおすすめの釣り道具とは?【海釣り初心者向け】

この記事は主に海釣り初心者に向けてルアー釣りの種類やおすすめの釣り道具を解説している記事です。

悩む人

ルアー釣りが人気みたいで興味があるんだけど、どんな釣り方なのかな?おすすめの釣り道具なんかも知りたいな!

と言う疑問に答えます。

海釣りで人気のルアー釣りはエサ釣りに比べて、手軽で大物を狙うことが出来る点が魅力です。

KAITO

生きたエサを利用しないので、手軽で手が汚れない点も魅力です。

しかしエサ釣りとは全く違う釣り道具等を用意する必要がある点には注意が必要です。

と言うことでこの記事では、海釣り初心者向けにルアー釣りの種類やおすすめの釣り道具など基礎知識を詳しく解説していきます。

ルアー釣りに興味がある人は、是非参考にしてみて下さい。

目次

海釣り初心者におすすめのルアー釣りとは?【メリット&デメリット】

そもそもルアー釣りとは、生きたエサではなく人工的に作った疑似餌を利用して釣りをする方法のことです。

KAITO

生きたエサが苦手な方でも、釣りが楽しめる点で非常に人気があります。

またどのルアーを利用すると釣果があがるのか?考えながらルアーを購入することが出来るのも楽しみの一つです。

そんなルアー釣りのメリット&デメリットは下記の通りです。

メリット
・デメリット
  • 生きたエサを利用しない
  • ルアー集めも楽しめる
  • 釣りに行く前の準備が少ない
  • エサ釣りより難易度が高い
  • コストがかかる
  • ルアーのメンテナンスが必要

順番に解説します。

メリットは主に③つ

ルアー釣りのメリットは主に下記の③つがあります。

ルアー釣りのメリット
  • 生きたエサを利用しない⇒手が汚れず、生きたエサが苦手な人でも安心
  • ルアー集めも楽しめる⇒複数のルアーが必要なので、収集の楽しみもある
  • 釣りに行く前の準備が少ない⇒釣行前にエサ等を買いに行く手間が不要

生きたエサを利用しないので、手が汚れずニオイ等も気になりません。

KAITO

生きたエサの場合、余った時に保管して次の釣行で利用するのは現実的とは言えません。

その点で管理が簡単なこと、思い立ったらいつでも釣りに行ける点がルアー釣りの魅力です。

またルアー釣りの場合、カラーや形など複数のルアーが必要なので集める楽しみもあります。

KAITO

さらにルアー釣りの場合は、釣行前に釣具店に寄らずに釣りに行けるメリットもあります。

つまりルアー釣りは、手軽に釣りを楽しめる点がメリットと言えます。

デメリットは主に③つ

一方でルアー釣りにもデメリットが存在します。

ルアー釣りのデメリット
  • エサ釣りより難易度が高い
  • コストがかかる
  • ルアーのメンテナンスが必要

一番のデメリットは、エサ釣りよりも難易度が高い点です。

KAITO

エサ釣りはエサを付けてアタリを待ちますが、ルアーは、常にルアーを動かしてアクションしないと釣れません。

また釣りの時間帯や海の状況に応じて複数のルアーを用意する必要があるので、ルアーの種類を揃えるためにお金がかかります。

さらに釣行後にメンテナンスしないと、ハリが錆びたりルアーの動きが悪くなる場合があります。

つまりルアー釣りは釣り方のコツを掴んだり、ルアーを揃えるのに資金が必要などがデメリットです。

海釣り初心者におすすめのルアー釣りの種類や釣れる魚とは?

次にルアー釣りの種類について解説していきます。

KAITO

大前提として、海でのルアー釣りには大きく分けて②種類あります。

ルアー釣りの種類
  1. ハードルアー⇒硬い材質を使ったルアーのことで、軽めのハードルアーから重量感のあるメタルジグまで種類が豊富
  2. ソフトルアー⇒柔らかい材質を使ったルアーのことで、ロックフィッシュなどの魚種を釣る時に利用する事が多い

またルアー釣りで釣れる魚には下記のような魚があります。

青物(サバ・イナダなどの回遊魚)

青物狙いのルアー釣りは、基本的にハードルアーを利用して、防波堤や岸壁からだけでなく磯や船からなど様々なポイントから楽しめる釣り方です。

青物は泳ぐ力が強い魚なので、パワフルな引きを楽しめる点が魅力で、僕が釣りをする三陸沿岸でも青物狙いのアングラーが増えている印象があります。

釣りの時期としては夏から秋にかけてがシーズンで、南の地方だと釣りが出来る時期が変わるかもしれません。

しかし、青物は回遊している魚なので時合じあいが良い時以外は全く釣れないというタイミングが難しい魚でもあります。

シーバス

シーバス狙いのルアー釣りは海水が暖かい所でメジャーな釣り方で、ハードルアーを利用します。

KAITO

基本的には河口とか内湾部で釣りをすることが多く、東京湾などで人気の釣り方です。

三陸方面ではあまりメジャーな釣り方ではなく、海水温が高めの大きな川の河口付近で、釣りをしている姿を見かけます。

僕自身は釣りをシーバス釣りをしたことが無いですが、青物と同様に引きが強く人気がある釣り方です。

アジ(アジング)

アジ狙いのルアー釣りである通称アジングは、アジを専門に狙う釣り方です。

ソフトルアーを使って釣ることが多く、釣り道具が小さく扱いやすい点が魅力で、アジがいる場所ならどこでも釣りが出来て、食べても美味しい魚です。

KAITO

三陸方面では釣りをしている人を見かけますが、それほど多くない印象です。

アジのサイズがあまり大きくないのが原因かもしれません。

イカ(エギング)

イカ狙いのルアー釣りである通称エギングは、イカを専門に狙う釣り方です。

エギと呼ばれる専用のハードルアーを使って釣るのが基本で、人気のターゲットはアオリイカという大型のイカです。

三陸ではアオリイカってあまり聞かず、聞くのはテクビイカとか小さいサイズのイカなので、南の地方よりもあまりメジャーでは無いかもしれません。

夜釣りでテクビイカ狙いの小さなエギを利用した釣りは盛んですが。

ロックフィッシュ

ロックフィッシュ(アイナメやソイなど)を狙うルアー釣りは、三陸方面で一番盛んなルアー釣りです。

KAITO

ソフトルアーを利用して釣ることが多く、春先と秋口がメジャーな季節になります。

三陸方面だと防波堤や岸壁からでも40cm前後のアイナメが釣れる事が多いので、北海道や東北で釣りをするなら狙うべきターゲットです。

ルアー釣りにおすすめの釣り道具

ルアー釣りは下記の3つの釣り道具があるだけで釣りが楽しめます。

おすすめの釣り道具
  • ロッド
  • リール
  • ルアー

もちろんランディングネット(タモ網)とかプライヤー(ペンチ)なども準備すべきですが、基本的には上記の3つがあれば釣りが可能です。

ロッド

ルアー釣りのロッドは狙う魚種によって専用のロッドが発売されています。

汎用性が高いのはシーバスロッドですが、釣りたい魚種に合わせて専用のロッドを購入したほうが良いかと思います。

ダイワやシマノ製のロッドなら、価格も安く品質も高いです。

もしくはアブガルシア辺りを選ぶと、不満は少ないかと思います。

リール

ルアー釣りのリールは基本的にスピニングリールを使うことが多いです。

ロックフィッシュなどベイトリールを使うこともありますが、遠くにルアーを投げる釣り方ほどスピニングリールが基本になります。

リールもロッドと同じでダイワやシマノ製もしくはアブガルシア製を選ぶのが良いでしょう。

ロッドに比べてリールは製造しているメーカーが少ないので、基本はこの3社から選ぶのがおすすめです。

ルアー

ルアー釣りでいちばん重要なルアーは、大きさや重さ、カラーの違いなど種類が非常に豊富です。

最初は自分が気に入った色のルアーを選ぶとか、重さはロッドが利用できる重さの範囲内から選ぶなどからスタートするのが良いでしょう。

ルアー選びは本当に奥が深いので、楽しみながら選ぶのがおすすめです。

まとめ

海釣り初心者に向けてルアー釣りの種類やおすすめの釣り道具を解説しました。

KAITO

ソフトルアーを利用して釣ることが多く、春先と秋口がメジャーな季節になります。

魚種によって釣り方が異なるので、お住いの地方に合わせて選びましょう。

ちなみに三陸方面では青物狙いのルアー釣りとロックフィッシュ狙いの釣りが盛んです。

ルアー釣りは奥が深いので、複数の魚を狙うより1つの魚に絞って釣りをしていくと釣果が上がりやすいかな?と思います。

ぜひルアー釣りにチャレンジしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる